痛風の人にとってマグロは救世主?

痛風の人にとってマグロは救世主?

痛風といえば、食生活などにより発症する病気です。

俗に「贅沢病」ともいわれるそうですが、痛風の治療方法の一つとして食事制限が挙げられます。

痛風の原因である尿酸値を高くするプリン体を多く含む食品は摂取しないようにするという事です。

プリン体が多く含まれる食品としては、ビール、マグロ、カツオ、魚卵、レバーなどが挙げられます。

しかし、マグロやカツオには、痛風の予防・改善の効果があると言われているアンセリンが多く含まれている事をご存知ですか。

アンセリンは、尿酸を排出働きがある上に、生成を抑える働きもあるそうです。

そうなると、マグロやカツオは痛風患者にとっては、良いものではないかと思いませんか。

実際、尿酸値が高くなる原因として食品の摂取ではなく、体内でも生産されるものだそうです。

もちろんビールなどを多く飲むという人は別かもしれませんが、痛風だからマグロなどを控えないといけないというわけではないかもしれませんね。

もちろん多く摂取する事は控えた方が良いかもしれませんが、そうでないなら、あまり気にせず、サプリメントに頼りつつ、マグロ以外のプリン体が多く含まれる食品の摂取を控えたりするのも良いかもしれません。

サプリメントで効果的に摂取

疲労回復や、痛風予防、生活習慣病の予防など色々な効果があると期待されているアンセリンですが、食品だと回遊魚であるマグロやカツオに多く含まれているそうです。

他にも鶏肉などに含まれるそうですが、一日どの程度摂取すると効果的なのでしょうか。

色々と調べてみました。

成人の一日の摂取量の目安は約1gだそうです。

カツオの赤身の場合、100g中に1g含まれており、マグロの赤身の場合100g中に1.2g含まれています。

アンセリンは熱にも強い為、かつおの出汁などからでも摂取する事が可能です。

お刺身が好きな人やお味噌汁をだしから作る人にしてみれば、比較的簡単に目安の1gを摂取する事は出来ますが、痛風の人はマグロやカツオの場合、プリン体も多く含まれているため、あまり摂取しすぎると尿酸値が高くなる可能性もあります。

アンセリンについて

そこで活用していただきたいのが、サプリメントです。

サプリメントの場合、アンセリンを簡単に摂取する事が出来ます。

一粒あたりの摂取量はメーカーによって違いますが、食品で取り入れるよりも簡単に摂取する事が出来るのでおすすめですよ。